アローズ社会保険労務士事務所

雇用契約書の重要性【北区 社労士 渡邊】

お問い合わせはこちら

雇用契約書の重要性について
【北区 社労士 渡邊】

雇用契約書の重要性【北区 社労士 渡邊】

2021/12/03

こんにちは。

北区赤羽で社労士をしておりますアローズ社会保険労務士事務所の渡邊です。

明け方の地震で一瞬目覚めましたが、何事もなく再眠しました。

 

さて、従業員を採用した後、雇用契約書(労働契約)を締結する必要があります。

一方で、労働条件は口頭で伝えて納得してもらっているから大丈夫、

と思っていて、書面で伝えない事業主がよくいらっしゃるようです。

 

確かに法律(民法)上は口頭でも労働契約は成立しますが、

口頭で伝えきれなかった、又は当時決まっていなかったことを

後から従業員から聞かれたときに、納得させるのが困難になってきます。

特に残業手当や深夜残業手当など、賃金の未払いに関することは、

特にトラブルになりやすいので、入社時に確実に書面で伝える必要があります。

 

雇用契約書や労働条件の書き方がわからない、

そもそも労働契約はどういうものかなど、

入社時の労働条件についてお困りごとがありましたら、

お気軽にアローズ社会保険労務士事務所までお問い合わせください!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。