アローズ社会保険労務士事務所

労働紛争について【北区 社労士 渡邊】

お問い合わせはこちら

労働紛争について
【北区 社労士 渡邊】

労働紛争について【北区 社労士 渡邊】

2021/12/06

こんにちは。

北区赤羽で社労士をしておりますアローズ社会保険労務士事務所の渡邊です。

今日は曇天のせいか、真冬のように寒い1日でした。

 

さて、残業代や休日などの労働条件で、あとから従業員とトラブルになることがあります。

就業規則や入社時の雇用契約書で十分説明し、お互いに納得して署名捺印していても、

「あの時はこんなに残業すると思っていなかった」など、ふと疑問に思った時に申出ることが多く、

実際に言われて困惑されたことがあるのではないでしょうか?

 

お互いの話合いで納得すれば問題ありませんが、ここでも納得してもらえなかった場合、

労働紛争に発展してあっせん手続や訴訟になるケースもあります。

そうなると手続に負荷がかかったり、和解金や手続報酬で金銭的な負担が大きくなったりと、

会社にとって何かと痛手になりますので、やはり入社時や事前に十分説明する、就業規則の内容を整備して周知する、

ということを日常的に心掛けることで、回避できる問題は多くあると思われます。

 

事前に労働紛争を回避するためのノウハウについて、もっと詳しく知りたいときは、

お気軽にアローズ社会保険労務士事務所までお問い合わせください!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。