アローズ社会保険労務士事務所

勤怠管理のポイント~遅刻・早退の管理~

お問い合わせはこちら

勤怠管理のポイント
~遅刻・早退の管理~

勤怠管理のポイント~遅刻・早退の管理~

2022/06/29

こんにちは。

江戸川区東葛西で社労士をしておりますアローズ社会保険労務士事務所の渡邊です。

 

「勤怠管理のポイント」の第4回目は「遅刻・早退の管理」についてです。

 

例えば9時から18時までが就業時間となっている場合、

9時を過ぎて出勤すれば遅刻、

18時前に退勤すれば早退、

となり、遅刻・早退時間分の賃金は控除します。

 

このように、出退勤時刻で厳密に遅刻・早退時間を管理する場合、

主な勤怠管理システムでしたら、自動で管理してくれます。

 

ところが上記の例で、

9時15分を過ぎて出勤すれば遅刻、

18時15分前に退勤すれば早退、

というように、出退勤時刻に幅を持たせて遅刻・早退時間を管理する場合、

勤怠管理システムだけで管理しきればい可能性があります。

 

例えば、9時10分に出勤した時、

システム上は通常10分の遅刻として管理する為、

後で遅刻扱いしないように変更したり、

システム上変更できなければデータを出力して別途変更するなど、

会社のルールに合わせた勤怠管理が必要になりますので、

特に注意が必要です。

 

▼過去の勤怠管理のポイントはこちら

①休日の設定
https://arrows-sr.biz/blog/detail/20220608100646/

②休日を振替える時①
https://arrows-sr.biz/blog/detail/20220615093641/

③休日を振替える時②
https://arrows-sr.biz/blog/detail/20220622104250/

 

遅刻・早退管理の設定やIT化・クラウド導入など勤怠管理全般についてご不明点がありましたら、

お気軽にアローズ社会保険労務士事務所までお問い合わせください!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。